黒檀(Ebony)
辺材は淡い赤色を帯び、心材では黒色と淡い赤色の帯が交互に配列して特徴的な縞をつくっている。この特徴である縞は固体によりさまざまな模様を形づくっている。非常に重く堅い材なので、加工は困難をきわめる。耐久性は非常に優れている。用途としては、角材や装飾用、彫刻、唐木細工などに使用される高級材。